次元が違いすぎるアイドル

日本のアーティストが世界で通用するのか?またどの程度日本の音楽カルチャーが理解されているのか?メタルアイドルユニット「BABYMETAL」を知るまで私は全く意識してきませんでした。元は成長期限定アイドル「さくら学院」からの派生ユニットであり、今や世界ツアーを相手に活動するアーティストにまで成長するとは、本人たち含め誰も予想していなかったことだと思います。「BABYMETAL」の魅力は、リードヴォーカル「SU-METAL」のアイドル離れした歌唱力とダンス担当の「YUI-METAL」と「MOA-METAL」の切れの良いダンス、さらには高い演奏技術をほこるバックバンド「神バンド」の存在、これらのポテンシャルの高さが相まって、高い次元のエンターテインメントを提供しているところです。ふざけたような歌詞の楽曲とは裏腹にライブパフォーマンスはかなりストイックであり、本物であることが分かります。
「BABYMETAL」を一躍させた「ギミチョコ」という曲があります、動画サイトがきっかけで全世界のへヴィメタルファンの目に留まりました。突っ込みどころが満載で「何だこりゃ?ふざけすぎだろ?」と思っているうちに「カオスだな」と引き込まれていきます、結果、「KAWAIIとメタルの融合か!こんな発想あり得ない!でも面白いな!」と思ったころには虜になっています。そして中毒にかかったかのようにBABYMETALの動画を漁るようになります。
日本におけるへヴィメタルという音楽文化は完全に過去(1980年代)のものであり、そこにダサい、という残念なイメージが纏わりついています。欧米では一ジャンルとして昔から確立していますし、いまだにへヴィメタルファンがたくさんいます。なのでBABYMETALの特異性はへヴィメタル界におけるエンターテイメント性を語るうえで迎合すべき存在だと思う人が多いのです。その証拠にイギリス最大規模のロックフェスやヨーロッパやアメリカのメタル系のフェスに2014年から出演し更なるファンの獲得に成功しています。アイドルという枠組みは海外では関係ないみたいです。
日本のJ-POP市場においても、2016年に入りようやく認知されるようになってきました。今年は9月にワールドツアーファイナル公演として東京ドームでの2DAYSが決まりました。
メンバーの平均年齢が18歳に満たない若さで伸びしろがまだまだあります、今後に期待です。

ゲームを売ったけど、、、、

昔からマンガ本が好きで家には2000冊ほどあるんですが、これだけあると本棚に入りきらないものも出てくるんですよね。
入らないものはダンボールに詰めて押入れの中に入れてあるんですが、本棚に入れてもらえないってことは買ってみたけど大して面白くなかったって感じたり、全巻揃ってない、歯抜けのマンガ本になるんですが、これを纏めてブックオフで売ってみました。
なぜブックオフにしたかっていうと、車で10分ぐらいの距離にあったので、直接持ち込んで買取してもらうのが一番早いかなって思ったんです。あと、小さい古本屋もあったんですが、今回売ろうとしてるのはダンボール4箱で700冊ぐらいあるので全部引き取ってもらえるかが不安だったのもあり避けました。
ブックオフに着いてダンボールを一つ持ってスタッフに買取をお願いしますって伝えました。
まだ車に積んであるので、それも持ってきますっていったんですが、スタッフが運搬に対して何らヘルプしようとしなかったので、まずここで少し気になりました。私自身接客をしてるからか、普通はスタッフも手伝うだろうって思ったからです。

4箱全部運んでから、買取査定の手続きをしてもらいました。量も結構あったので、時間はかかるなあって思ってたんですが、スタッフからは査定が終わるとお呼びしますのでお待ちくださいと案内がありました。ここでも私なりにカチンってきました。
どれぐらいの時間がかかるかの目安も言わないし、時間がかかるなら(量的におそらくかかるだろうと思う)、携帯番号などの連絡先を教えていただければ査定が終わり次第連絡いたします等の案内があってもいいんじゃないだろうか?と思ったからです。
こういう案内がなかったので店内で売ってる本を眺めたりして時間を潰してましたが、大体40分ぐらいしてからお呼びがかかりました。本の査定金額とその内訳に関して説明があったんですが、あまりの買取金額の低さにビックリしました。
新しい本も古い本もあるので、一冊平均10円としても700冊あれば7000円かって思ってたんですが、査定金額は2000円いかないぐらいでした。
金額には不満でしたが、これをまた持ち帰るとなると一仕事なので、結局そのまま買取をお願いして2000円に満たない金額を支払ってもらいましたが、正直ショックでした。
それ以来、ブックオフでは売らないようになりました。

漫画以外にもゲームも好きで、家にはゲームソフトも溜まり易いのですが、漫画を売った時の記憶があり、近くのブックオフでは売る気になれず、わざわざ持って行かなくもネット買い取りのほうが便利だと友人から勧められて、http://massugushoten.com/というサイトに訪れて、ネット買い取り業者をここで選んで、ゲームソフト20本ほど買い取って貰えました。住所、メールアドレス、ゲームソフトの種類と本数などを書き込み、買い取り業者に買い取り依頼を出すと、家の方に梱包用の箱が送られてきて、ソフトを箱詰めして必要書類書いて、集配業者に電話すれば、指定時間帯に取りに来てもらえ、1週間ほどで指定の口座に入金と買い取り査定の明細が済みました。

店舗で売るより簡単でしたし、思っていた以上にお金になったので、ネット買い取りって便利だと思うようになりました。

「ランド」山下和美

天才柳沢教授の生活」の山下和美先生の待望の新連載です。柳沢教授の大ファンの私はもちろんすぐに購入しました。柳沢教授とは全く違った、サスペンス要素も含んだ今作。閉鎖的な村、50歳で亡くなる大人たち、村を見守る謎の神(像?)そして、双子は不吉とされ実の親に捨てられてしまったアンと、捨てられなかった杏…まだ2巻までしか出ていませんが、もう謎すぎて先が気になります!
この世(村)とあの世(村の外)があることはわかっていて、これがオチなの!?と思わせる描写もあるのですが、そこは山下和美先生のことですので大どんでん返しが待っているのでしょう。
綺麗な絵とは対照的に人間の醜い部分を描き、その醜さがまた引き立っています。醜い部分を、誰もが持ち合わせているものだと思わされます。今のところ、あまり明るい話ではないので、主人公たちの行く先が非常に気になります。
そして、登場人物のセリフが秀逸です。いちいち胸に響いてきます。ここは柳沢教授のころから変わりません。
単行本の帯には、日本という国に対する不安みたいなことが書かれているので、今の日本、そして日本の未来に対する漫画なのかなと思います。そんなこと抜きにしてもすごく面白い漫画です。

ドラゴン桜で衝撃をうけました

以前ドラマ化し私の母が毎週欠かさず見てて、私は仕事で見れないのですが帰宅すると
今日見たドラゴン桜の話を聞かされました。
最終回は偶然仕事も休みで母と一緒に見れましたが、見終わった後に毎週録画して見れば良かったと後悔し
そのまま本屋で財布の中身分漫画のドラゴン桜を買って読みました。
ただの受験漫画ではない社会人として生きる大人にも警鐘を鳴らしてる
知らなきゃ騙されるこの世のルールは賢い人間が作ってる
日頃その中で生きていて溜息しかつけなかった自分には頭を叩かれた思いでした。
勉強という物の意識もやらなきゃいけないから仕方なくやる物ではなく
知らなきゃ損をする、その為に必要な武器だと教えられました。
親の教育の事も好きな事を伸ばす親について書かれてて、
ふと自分はと振り返って考えました。
私の親は全否定型で好きな物得意な物があっても決して褒めず
好きな事だけで生活できないからやめろ、テストの点は満点で当たり前学校行ってれば当然だという型でした。
せめて学生時代にドラゴン桜があったら親に絶対読ませてやりたかったです。
同じく自分も読んでいたらもっと勉強が楽しかったかもしれないですが
今読んでも十分為になっているのでもしかしたら今、必要だからという事で納得させてます。
色々胸に頭に刺さるセリフも多々ありますが本当にハッと気が付かされる物ばかりです。
おかげでまた勉強したくなってます。

宝石の国

宝石の国を読んでいます。
この作品は、市川春子初の長編漫画です。
「虫の歌」「25時のバカンス」に続く作品です。
前2作はいずれも短編で、短い中にも起承転結があり、また
心に残る言葉がいっぱい散りばめられていました。

今回の「宝石の国」にも心に残る言葉がたくさんあります。
「過酷で役立つ仕事は自分の存在に疑問を抱かないためのよく効く麻薬です」
「何の役にも立ってないなら、いてもいなくても同じでしょ」
「遠くにいるボルツは大事に見える」
など。軽いタッチで描かれていて、絵も綺麗ですが切ないセリフが多いです。

永遠の生を持つ宝石の話。しかし、自分に満足しているモノは少なく、
毎日少し苦しそうに生活しているように見えます。
月人に狙われて、自由に動き回れる生活は常に脅かされている宝石たち。

その中でも、月人との戦いに参加できない程弱い主人公、フォスフォフィライトは
何の役にも立たないと皆に言われながらも一番楽しく明るそうに生きていました。

しかし3巻以降の展開は辛いです。フォスフォフィライトはあんなに求めていた強さを
手に入れました。しかし、それは本来の自分の姿から少しずつ少しずつ、
遠ざかった結果でもあります。

タイトルに宝石と付いており、各キャラクター設定も勿論、宝石の特性に
沿ったものとなっています。しかし宝石をテーマにした漫画というよりも、
人の性格やその生き方に焦点をあてた漫画となっています。

そして長編だからできる、宝石が生きているこの世界の成り立ちの謎や先生の正体が
巻を追うごとにわかっていくミステリータッチも魅力です。

TALES OF SYMPHONIA

ニンテンドーゲームキューブPlayStation2RPGソフト「TALES OF SYMPHONIA」のコミカライズ版です。「月刊コミックブレイド」で壱村仁さんにより連載されていました。「TALES OF SYMPHONIA」は私が初めてプレイしたRPGで、ストーリーやキャラクターデザインがとても素晴らしく、後に「TALES OF」シリーズのゲーム作品にハマるきっかけとなったゲームです。何週もプレイして、シリーズの小説作品も読み、後にコミック版があると知ってからは数々の古本屋さんを探しに回りました。ゲームのコミカライズ版なので、週刊少年ジャンプなどのメジャーな連載作品とは違い、また発売日からかなりの日数が経っていたので、普通の本屋さんの店頭には既に置いていませんでした。なので全5巻+外伝1巻を揃えた時はかなりの満足感を味わえました。
ストーリーは、衰退していく世界シルヴァラントに住む少年・ロイドが、幼馴染の神子・コレットと共に「世界再生の旅」に出るファンタジーです。世界再生の神子になるためにコレットに課せられる辛い試練。試練に苦しむ幼馴染に何もできない自分の無力さを呪うロイドの苦悩。そして旅の果てに明かされるもう一つの世界の存在や、新たに出会う仲間達。私の中ではファンタジーの王道ではないかと思えるほど、設定・ストーリーがとても奥深いものになっています。
コミカライズ版は(多少省略されている部分もありますが)ストーリーも忠実に再現されていて、イラストも元のゲームのデザインに近いもので、限りなく理想に近づいた作品になっています。また、表紙カバーを外せば面白い4コマ漫画も掲載されていて、コミック本全体で楽しめる仕様になっています。外伝はある一定の条件でストーリーを進行しないと見られないイベントストーリーや、オリジナルストーリーが収録されています。
TALES OF SYMPHONIA」を知らない人にも、ファンタジーの王道として勧めたいコミックです。