読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ランド」山下和美

天才柳沢教授の生活」の山下和美先生の待望の新連載です。柳沢教授の大ファンの私はもちろんすぐに購入しました。柳沢教授とは全く違った、サスペンス要素も含んだ今作。閉鎖的な村、50歳で亡くなる大人たち、村を見守る謎の神(像?)そして、双子は不吉とされ実の親に捨てられてしまったアンと、捨てられなかった杏…まだ2巻までしか出ていませんが、もう謎すぎて先が気になります!
この世(村)とあの世(村の外)があることはわかっていて、これがオチなの!?と思わせる描写もあるのですが、そこは山下和美先生のことですので大どんでん返しが待っているのでしょう。
綺麗な絵とは対照的に人間の醜い部分を描き、その醜さがまた引き立っています。醜い部分を、誰もが持ち合わせているものだと思わされます。今のところ、あまり明るい話ではないので、主人公たちの行く先が非常に気になります。
そして、登場人物のセリフが秀逸です。いちいち胸に響いてきます。ここは柳沢教授のころから変わりません。
単行本の帯には、日本という国に対する不安みたいなことが書かれているので、今の日本、そして日本の未来に対する漫画なのかなと思います。そんなこと抜きにしてもすごく面白い漫画です。